<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ビオフェルミン。

昨日の夕食後に整腸剤を飲んでみた。


ちょっと落ち着いた。



このまま、落ち着いてくれることを望む。




[PR]
by kerennminaku | 2015-10-31 20:23 | 今日のつぶやき

まだまだ続くのか?

今日はまだ風邪っぽいかなと、
予防の意味を込めて
昼飯後にPL顆粒を服用。


帰りの電車の中で
急に吐き気と腹痛。


北千住駅で降りてトイレとお友達。


出しても吐き気と腹痛は改善せず。


ストレスで暴食もしたし、
ウィルス細菌も考えられる。

お腹の風邪も考えられる。


明日も続く様なら、主治医に頼ろう。






[PR]
by kerennminaku | 2015-10-30 19:38 | 今日のつぶやき

本当に強かった!

昨夜の話になってしまいましたが、
ホークスが日本一。

おめでとうございます!

ホークス、本当に強かった。


そんなに強くてどうするの?!

他球団、頑張りましょう!

特にファイターズはね!





[PR]
by kerennminaku | 2015-10-30 00:07 | ファイターズ

スコット&ゼルダ@銀河

ホリプロ銀河劇場にて
鈴木裕美版「スコット&ゼルダ」
を観劇してきました。

f0048545_00061987.jpg


★ストーリー★

1917年アメリカ。

田舎の退屈な日常から抜け出したいと願う少女、ゼルダ(濱田めぐみ)は、
あるダンスパーティーの夜、
作家を目指す若者スコット(ウエンツ瑛士)と運命的な出会いを果たす。

のちに『華麗なるギャッツビー』などで知られる作家、
F・スコット・フィッツジェラルドその人である。

二人は瞬く間に恋に落ち結婚、スコットの文筆業も軌道に乗り、
生活と金遣いは派手になる一方だった。

1920年代、“Lost Generation –失われた時代-”。
酒や享楽に溺れ、彼らのゴシップが新聞の一面を飾ることも珍しくはなかった。

一方で、とある病院に一人の男が女を訪ねてくる。  

女は精神を病んでこの病院で静養しているようだ。

男の問いかけに少しずつ、かつての華々しい時代を振り返りながら答える女。

どうしてこうなってしまったのか。

失われたものは何だったのか。

まだこの手に取り戻せるのか…?



f0048545_00062278.jpg


★スタッフ★

作曲:フランク・ワイルドホーン

脚本・作詞:ジャック・マーフィー

演出:鈴木裕美

上演台本:蓬莱竜太



★キャスト★

ウエンツ瑛士:F.・スコット・フィッツジェラルド/元陸軍将校の作家。繊細で情熱的。

濱田めぐみ:ゼルダ・セイヤー・フィッツジェラルド/スコットの妻。容姿端麗で自由奔放。

中河内雅貴:スローカム/飛行士 他

山西 惇:ベン・サイモン/ゴシップ作家

小原和彦 
加賀谷一肇 
木内健人 
齋藤桐人 
三井 聡
彩橋みゆ 
新井希望 
家塚敦子 
石井咲 
碓井菜央



★感想★

精神科病院に入院しているゼルダにゴシップ作家のサイモンが取材に訪れ、
昔話を色々聞き出す。

暗い話なのに、サラリと進行し、後味が悪くない。

ワイルドホーンの楽曲は耳に残らない。

本当あっさり。

鈴木裕美さんの計算?!


ウエンツくんは物足りなかった。
歌声が俺には響かなった。

濱田さんはこういう役は嵌まるんですが、嵌まり過ぎてないのがいい。
本当程よい感じ。

中河内さんは半アンサンブル。
めちゃめちゃ贅沢な使い方。

ストリーテーラーの山西さん。
彼の演技の素晴らしさに驚嘆。
彼だから、サラリと進行したのでしょう。

アンサンブルさんは
歌ウマ、踊りウマ、タップウマな方ばかり。


再演があるなら、スコットは万里生くんで観たいかな。



2015年10月29日
E列25番
[PR]
by kerennminaku | 2015-10-29 23:58

ちょっと改善。

朝のうちはお腹の調子は良くなかったけど、
お昼過ぎから普通に。

このまま回復して欲しい。


怠いので、
今朝からPL顆粒を服用。

凄い眠い。


観劇中は眠気との戦いでした…。(;^_^A




[PR]
by kerennminaku | 2015-10-29 22:57 | 今日のつぶやき

トイレとお友達。

今日は酷かった。


1時間に1回ペースでトイレへ…。



ストレス暴食が濃厚だけど、
ノロウイルスやお腹の風邪も考えられる。

ちょっと食事をセーブしよう。




ホークス日本一へ王手か…。










[PR]
by kerennminaku | 2015-10-28 22:55 | 今日のつぶやき

まずは1勝!

山田哲人選手の3打席連続アーチで勝利。


日本シリーズ、1勝目。


このまま突き進め!!



今日もお腹の調子がイマイチ。




[PR]
by kerennminaku | 2015-10-27 23:01 | 今日のつぶやき

お腹の調子が…。

何かお腹に違和感あり。


ここ半月くらいストレスで
暴食してたからかな…。


早く良くなります様に。




[PR]
by kerennminaku | 2015-10-26 22:04

ヴェローナの二紳士@彩の国さいたま芸術劇場

さいたま市にある
彩の国さいたま芸術劇場にて
彩の国シェークスピアシリーズ
「ヴェローナの二紳士」
を観劇して来ました。

f0048545_11441495.jpg


母の耳鼻科に付き添い、
家に戻ったのが17時過ぎ。

開演にはギリギリで
間に合う時間に家を出たのですが、
電車の乗り継ぎでことごとく失敗。

f0048545_11441827.jpg


f0048545_11442202.jpg




★あらすじ★
「ヴェローナの二紳士」とは
ヴァレンタインと
プローテュースのことである。

劇は、ヴァレンタインが
人生経験のためヴェローナからミラノに
旅立つところから始まる。

プローテュースも
ミラノ行きを誘われるが、
恋人のジュリアと離れ離れになるのが嫌で、
ヴェローナに残るという。

恋を知らないヴァレンタインは
プローテュースを愚かしく思う。

しかし、プローテュースも
父親の命令でミラノに
行かなければならなくなる。

プローテュースは
ジュリアに永遠の愛を誓い、
ヴェローナを去る。

ミラノでヴァレンタインは恋を知った。

しかし、その相手シルヴィアの父親の
ミラノ大公は、娘をシューリオという、
財産はあるがとんまな男と
結婚させようとしていた。

そこにプローテュースが到着する。

プローテュースは
たちまちシルヴィアに恋をして、
シルヴィアを手に入れるため、
ミラノ大公に嘘を吹き込み、
邪魔者のヴァレンタインを
ミラノから追放させる。

新たな恋のために昔の恋(ジュリア)と
友情(ヴァレンタイン)を
裏切ったのである。

プローテュースと会いたい一心で
ジュリアも男装してミラノにやってきた。

プローテュースは
ジュリアとは気づかずに、
ジュリア(セバスチャンと名乗る)を小姓にし、
シルヴィアへの恋文を届けさせる。

しかし、シルヴィアは
恋人を裏切るプローテュースが許せず、
ジュリアの目の前で恋文をびりびりに引き裂く。

ヴァレンタインが好きなシルヴィアは
家出をする。

その頃、ヴァレンタインは
ひょんなことから山賊の頭になっていた。

シルヴィアを追いかけて、
プローテュース、
小姓に化けたジュリア、
シューリオは森にやってくる。

そこで山賊に連れ去られかけたシルヴィアを救出し、
プローテュースはシルヴィアを
力ずくで自分のものにしようとする。

そこにヴァレンタインが現れ、
プローテュースを裏切り者となじる。

プローテュースは反省して謝罪する。

ヴァレンタインはそれを赦し、
友情の証として、
シルヴィアをプローテュースに譲ると
言い出す。

それを聞いたジュリアはショックで失神する。

ジュリアの正体がわかり、
プローテュースは反省し、和解する。

ヴァレンタインを一途に思うシルヴィアの気持ちを知って、
ミラノ大公は二人の結婚を許可する。




ミラノ大公(DUKE OF MILAN) - シルヴィアの父。
ヴァレンタイン(VALENTINE) - 二紳士の一人。
プローテュース(PROTEUS) - 二紳士の一人。
アントーニオ(ANTONIO) - プローテュースの父。
シューリオ(THURIO) - ヴァレンタインの愚かな恋敵。
エグラモー(EGLAMOUR) - シルヴィアが家出する時の援助者。
スピード(SPEED) - ヴァレンタインの小姓。
ラーンス(LAUNCE) - プローテュースの召使い。
パンシーノー(PANTHINO) - アントーニオの召使い。
宿屋の亭主(HOST) - ミラノでジュリアが泊まる宿の。
山賊たち(OUTLAWS) - バンランタンの仲間。
ジュリア(JULIA) - ヴェローナの貴婦人。プローテュースの恋人。
シルヴィア(SILVIA) - ヴァレンタインの恋人。
ルーセッタ(LUCETTA) - ジュリアの侍女。
召使いたち(SERVANTS)、楽士たち(MUSICIANS)



[PR]
by kerennminaku | 2015-10-24 23:58 | 蜷川幸雄

新宿高島屋で買いました。

f0048545_20044943.jpg



f0048545_20050812.jpg

[PR]
by kerennminaku | 2015-10-23 20:04