<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

久しぶりに妹と飲み。

f0048545_1851936.jpg


ミスチルの後は、上野の串八珍で妹と久々の飲み。


ここいいです!

また行きます。
[PR]
by kerennminaku | 2012-05-26 19:51 | 今日の出来事

元気、落選かよ。

日本サッカー協会から、W杯アジア最終予選の日本代表25人が発表されました。


GK:
川島永嗣(リールス)
西川周作(広島)
権田修一(FC東京)
DF:
駒野友一(磐田)
今野泰幸(G大阪)
栗原勇蔵(横浜FM)
伊野波雅彦(神戸)
長友佑都(インテル)
槙野智章(浦和)
内田篤人(シャルケ)
吉田麻也(VVVフェンロ)
酒井宏樹(柏)
MF:
遠藤保仁(G大阪)
中村憲剛(川崎)
長谷部誠(ヴォルフスブルク)
細貝萌(アウクスブルク)
本田圭佑(CSKAモスクワ)
高橋秀人(FC東京)
FW:
前田遼一(磐田)
岡崎慎司(シュツットガルト)
ハーフナー・マイク(フィテッセ)
森本貴幸(ノヴァーラ)
香川真司(ドルトムント)
清武弘嗣(C大阪)
宮市亮(ボルトン)




昨日のアゼルバイジャン戦のメンバーに選ばれていた原口元気は落選しました。

どうせ落選ならA代表じゃなくて、
U-23代表のトゥーロンのメンバーの方が今後の経験になったのにと思ったりします。
[PR]
by kerennminaku | 2012-05-24 22:48 | サッカー

アゼルバイジャン代表戦。

W杯最終予選前の親善試合@エコパ


日本代表 2-0 アゼルバイジャン代表

≪得点者≫
日本:香川(43分)、岡崎(58分)



GK 1 川島 永嗣

DF 6 内田 篤人(HT 24 酒井 宏樹)
DF 16 栗原 勇蔵
DF 2 伊野波 雅彦 (87分 20 槙野 智章)
DF 5 長友 佑都

MF 17 長谷部 誠 (Cap.  HT 8 高橋 秀人)
MF 13 細貝 萌

FW 10 香川 真司(62分 11 宮市 亮)
MF 4 本田 圭佑 (74分 14 中村 憲剛)
FW 9 岡崎 慎司

FW 22 森本 貴幸(37分 18 前田 遼一)





スポーツクラブでランニングをしながら見ていました。


長谷部のスルーパスを飛び出した香川が受け、切り返し決めた、見事!


でも、アゼルバイジャンは大きな試合の前のコンビネーションの確認にはいいレベルという印象で、
ツマラナイ試合でした。



宮市が香川に代わり途中出場。

相手が相手だから大きな仕事をしてくれると期待して見ていました。

スピードはあるし、上手い。

でも、何か物足りない。
かなり期待し過ぎてしまったので、大きなガッカリが…。

デビュー戦なのだから、これくらい出来れば上出来なんでしょうが、
FWが期待できないから余計に…。
[PR]
by kerennminaku | 2012-05-23 23:57 | サッカー

風雲児@新宿

f0048545_21451824.jpg


今日のランチは

西新宿というか甲州街道から少し入った代々木にある

「風雲児」

のつけめんを食べてきました。




普段は行列なのですが、
雨と入ったタイミングの良さで所要時間20分で済みました。
(晴れていたら、40分以上掛かるみたいです。)



三田製麺所では麺を温かいものしましたが、
今回は何も言わなかったので冷たい麺でした。

三田製麺所のときはつけめんのことは何も知らなかったので
「麺は温かいのと冷たいのどうしますか?」
と聞かれ、とっさに
「温かいもの」
と答えました。

その会話の意味を呑み込めていなかったので、
つけめんの麺は温かいのが普通だと思い食べました。

食べて冷たかったので変に感じてはいましたが、
同じ400グラムなのに冷たい方がスルリと入り
簡単に完食しました。


同じ魚介系スープ。

三田製麺所と甲乙付け難いですが、また食べたいのは風雲児かな。


美味しゅうございました。
[PR]
by kerennminaku | 2012-05-22 13:27 | 美味しいもの

久しぶりのWEST。

f0048545_21423872.jpg


何年振りでしょうか?!

銀座WESTでお茶をしたのは…。


シュートケーキも久しぶり。


美味しゅうございました。 ( ^ ω ^ )
[PR]
by kerennminaku | 2012-05-20 18:08 | 美味しいもの

清水に勝った。

好調な清水に 1-0 で勝った。

ホームだから良くて引き分けだと予想していたので、意外な結果に驚いています。
[PR]
by kerennminaku | 2012-05-19 00:28 | 浦和レッズ

苫田樋口を求めて名古屋へ。

f0048545_21413222.jpg


名古屋の
新名古屋ミュージカル劇にて、
劇団四季版
ブロードウェイミュージカル
「ウィキッド」
を観劇して来ました。




f0048545_2141326.jpg


久しぶりに樋口さんがエルファバを演じ、
相性のいい苫田さんがグリンダということで
名古屋突発遠征となりました。

いつこの組み合わせになるかわかりませんし、
樋口さんがエルファバをいつまで演じるかもわかりませんから。
最後という気持ちで望みました。

2年ぶりのウィキッド。

変わっていました。

舞台は大阪より狭く、
カラオケは大阪よりは良かったけど、
それでもCDを聴き慣れていると、
違和感に感じる場所が数箇所ありました。


本編は
沼尾濱田李のオリキャスがいらした頃とは違ってました。

それはオリキャスが退団したから縛りが無くなり、俳優さん独自なものなのか?
演出に四季独自の手が入ったのか?
わかりませんが…。

演出がハッキリしていて、特に心の移り変わりが以前より明確になっていて、
わかりやすくなってました。




★キャスト★
グリンダ : 苫田亜沙子
エルファバ : 樋口麻美
ネッサローズ : 小笠真紀
マダム・モリブル : 八重沢真美
フィエロ : 松島勇気
ボック : 伊藤綾祐
ディラモンド教授 : 岡本隆生
オズの魔法使い : 松下武史


【男性アンサンブル】
須永友裕
町田兼一
斎藤准一郎
松尾 篤
分部惇平
白倉一成
品川芳晃
光山優哉
三宅克典

【女性アンサンブル】
熊本梨沙
間尾 茜
栗城 唯
齋藤さやか
三井莉穂
小澤真琴
花田菜美子
荒木 舞
有阪佳子






苫田グリンダ

汐留で観た時は笑いを取るお笑い系グリンダというイメージしか無かったのですが、
第二幕の寂しいグリンダも良くなっていました。

全てがやり過ぎで大丈夫なのか?
と心配になって来ますが…。

俺としてはハッキリ、
多少オーバーに演じるのは悪いことではないと思いますし、
その方が解りやすいから好き。



樋口エルファバ

リハーサルとは違いますね。

陽のエルファバであること、
歌の独特の切り方上げ下げ方
も変わらずでした。

メロディーラインに忠実じゃないと嫌な人は
疲れストレスが溜まるのかも。

感情を歌に乗せ、細かい演技の
樋口さんのエルファバが好きだから大満足。



小笠ネッサ

汐留の時に彼女のネッサを観る為の突発時も苫樋コンビでした。

その時よりも歌も演技も更に良くなっていて驚きました。



八重沢モリブル先生

身長が高いと威厳を感じますね。
汐留の頃より自ら歌いやすい様にアレンジしてました。
悪い感じではなかったのでオッケー。



松島フィエロ

フィエロでは初。

リハーサルでダメだと感じていたら、
本編をちゃんと観ることが出来たのか…。

セリフ通り
「フィエロ=イケメン」である必要はあるのか?
と思える様になったのは
まだ汐留の頃に偶然YouTubeで観た海外でのフィエロ俳優。
その人は李さんや北澤さんとは真逆のゴツくイケメンとは言い難いで、
フィエロとしては有り得ないと途中で見るのを止めました。
でも、その動画を観たおかげで
松島フィエロに違和感が無く入っていけました。
松島さんはフィエロのキャラに合っていると以前から思っていたので
ナイスなキャスティングだと思っています。

実際観て、段々イケメンに見えてくるのは未だに不思議です。

踊りはちょっとキレがあったけれど許容範囲だし、
歌はあれくらい歌えれば充分。
演技はもっと粗いと予想してたのにひとつひとつ丁寧で驚きました。

ラストのエルファバの手を取ってぐいっと引っ張り暗転というバージョンも松島流でいいです。



伊藤ボック

歌が良くなっていました!
汐留の頃と比べるのも楽しいですね。



岡本ディラモンド先生

ディラモンド先生としては初。

シズ大学の先生じゃなくて、昭和の東京の下町の中学校の先生としか感じなかったです。

四季の黄金期から支えている劇団員さんだけあって
持っているものが違うから、
昭和な中学校のヤギ先生であっても
演技の間や仕草を
観て納得してしまい、
得した気分になるのが不思議。



松下陛下

マダムと腕を組むのがめちゃめちゃ嬉しそうにしているのに気付きました。




3枠、准一郎くん
髪の毛、傷み過ぎてて目立ってました。(^-^;

6枠、白倉さん
久しぶりの白倉パパ!
パパは白倉さんじゃなきゃ!

9枠、三宅さん
「悪い魔女と友達だったのは本当ですか?」
は彼でないと受け付けないカラダになっているのに改めて気付く。



とちり席なのに舞台を観るのに苦労しました…。
これが2列目3列目ならわかるのですが、
舞台が見えないから背筋を伸ばしたままであったり、
自分が観える様に首を左右に常に移動したり。
この劇場段差が足りない。
それが嫌だからとちり席なのに。

終始アタックチャンスは疲れました。


名古屋にキャッツが来たら席どうしようかと今から考えます。



2012年05月18日
K列センター
[PR]
by kerennminaku | 2012-05-18 22:41 | 劇団四季

海老天むすび。

飲み物を買おうと劇場向かいのセブンイレブンに。

f0048545_21494175.jpg


おにぎりコーナーの前を通ったら、天むすが~。

( ☆ ω ☆ )
 

f0048545_2149416.jpg


買ってしまいました。


またしても海老。


お腹の不安は解消してませんが、食べてしまいしました。



美味しゅうございました。
[PR]
by kerennminaku | 2012-05-18 18:02 | 美味しいもの

本場のコメダ珈琲。

f0048545_21374716.jpg


リハーサル見学会終了後、劇場近くをウロウロ。


お腹に不安はあるものの、何かを入れておきたい。

出来たら名古屋名物を食したい。


30分歩いて、迷った挙句…。


コメダ珈琲に入ることにしました。


アイスオーレと名古屋なのでエビカツサンドを注文。


喫茶店にひとりで入る経験があまりないので、

淡々と食べ

淡々と飲み

10分くらいで終了。



メインメニューは池袋と同じ。

内装も池袋とほぼ同じ。

味も同じ。

接客は池袋が勝利。

混み具合も池袋が勝利。
[PR]
by kerennminaku | 2012-05-18 17:49 | 美味しいもの

名古屋ウィキッド、リハーサル見学会。

f0048545_21333531.jpg


名古屋ウィキッドのリハーサル見学会に参加して来ました。



16時15分入場開始。



アンサンブルさんたちが
「シズ大学」
をやっています。

ダンスリーダーの間尾さんがチェック。
ちょっとしたことを指摘。
厳しさを感じます

司会は松下さん。
ちょっとした説明を合間合間で挟んでくれます。


上手最前列には白倉さん。
間尾さんに比べたら指摘数は少なかったかな。

グリンダとエルファバにも入って貰うことになり、
白倉さんの後列にいた樋口さんと苫田さんも参加。

鞄を持ちセンターに立つ樋口さん。
めちゃめちゃかわいい。
惚れてしまいそう…。


エルファバなんだけど、役に入ってないから素のニコニコしている樋口さんが立っている訳で…。
あのエルファバに驚くのは大変。

驚き方にも指摘が入る。



「人生を踊り明かせ」
開始前、下手に松島さんがいたのですが、
知っている松島さんじゃないから
立ち位置に着くまで最終確認出来なかったです。(^-^;
髪を下ろしていたし、なだぎ武さんぽかったし。

踊りは北澤フィエロみたくカクカクではなく、めちゃめちゃ滑らか。

歌も悪くは無いです。

悪いフィエロには感じない。

本編観る前に松島フィエロを観られるのはラッキーだったけど、
ガッカリだったら本編を冷静に観られたのかなぁ…。




最後は質問コーナー。

司会は松下さん、樋口さん、セクシー担当枠の女性アンサンブルさん(名前聞き取れず、すみません。)、松尾さん、伊藤くん)

興味深かったのがエルファバの高音は努力か才能か?という質問。

地声で普通はCとDの間らしいんですがFまで出さないといけない。

樋口さんは必死でボイストレーニングして出せる様になったそうです。

樋口エルファバは1日2公演だと
マチネとソワレの休憩中にメイクは全て落としてからまたメイクするそうです。
第一幕と第二幕でもメイクも違い、その上汗っかきだから大変みたいです。

第二幕のネッサ提督の部屋に隠れているエルファバ。
岡村さんは背が高いから登場まで屈んでいるとのこと。

他にも質問はあったんですが、覚えていません…。(^-^;


17時に終了となりました。
[PR]
by kerennminaku | 2012-05-18 17:20 | 劇団四季